京都のインプラント治療に関する費用、期間、手術、専門医の情報をトータルに提供しています
いまを美しく生きる人へ

インプラントとは

インプラントとは、抜けてしまった歯の部分にインプラント(人工歯根)を
埋入することで人工の歯を取り付ける新しい歯科治療法です。
入れ歯やブリッジとは違い、周囲の歯に負担をかけることなく治療できるうえ、
天然歯と変わらぬような自然な見た目、自分の歯のように不自由なく噛めることが
最大の特長で、入れ歯に変わる第2の永久歯とも言われています。

インプラントの特徴

POINT1
あらゆるケースへの対応が可能に

顎の骨に直接インプラントを埋め込むインプラント治療は、歯を失った部位の骨の状態によっては治療を行なえない事がありました。しかし近年、骨造成手術によって、痩せている部分の骨を増やすことが可能になり、これまではインプラントができないとされていた方であっても治療を行えるようになりました。但し、骨造成手術は、医師の高い技術と専門知識を必要とする非常に難易度の高い手術となります。

POINT2
審美性も向上した前歯インプラント

通常、歯を失うと骨と同時に歯周組織である歯肉も失われます。
このため、前歯部におけるインプラント治療では、自然な歯肉を形成することが非常に難しいとされてきました。しかし歯肉や骨の移植の成功率が向上した近年では前歯のインプラントでも、天然の歯と見分けのつかない自然で美しい歯と歯肉を取り戻すことが可能となりました。但し、前歯のインプラントは通常の治療と比較しても最も難易度の高い治療であることに変わりはありません。

インプラントはこんな方にお薦めです

インプラントは「入れ歯では違和感がある」、「ブリッジするのに健康な歯を削りたくない」とお悩み方にお薦めの治療です。また、一本からの治療にも対応できることから、最近では事故により歯を失ってしまった場合などにインプラントをされるケースも増えています。従来の治療法とは違い、他の歯に負担をかけることなく、審美性にも美しく自然な口元を取り戻すことが可能です。

インプラント体験者の声

当サイトを監修する小幡歯科クリニックに寄せられたインプラント体験者の感想の一部をご紹介します。

男性

滋賀県 彦根市
75歳 男性 会社員

噛める喜び

私は、現在75歳です。10年前までは入れ歯での生活でした。京都の友人と出会った時に、きれいな歯をして話をされていたのにビックリ致しました。聞いてみましたら、インプラント治療を受けてから人生も変わったと言われました。私も是非、紹介をお願いし、小幡歯科クリニックを訪ねました。院長さんからお話を聞かされ、私も是非と、インプラント治療をお願いしました。約1年間通院し、完全に自分の歯の様に毎日の食事も美味しく、少々堅いものも食べられ、会社でも相手の方がきれいな歯ですねと大変関心を持たれました。人間は、食事において、歯は一番大切であり、健康でありたい願いでいっぱいです。一日でも長く喜びの人生生活が送れる様にと自分の友人にも紹介致しました。大変喜んでおられます。歯でお困りの方がありましたら、一度是非、小幡歯科クリニックをお訪ねされる様にお勧めします。

女性

京都市 西京区
42歳 女性 主婦

インプラントでアンチエイジング

インプラントという言葉にずっと興味を持っていました。この先の私の人生を考えて“アンチエイジング”に歯は絶対きれいでなければ成り立たないと思い、色々な歯科医や美容外科でカウンセリングを受け、インプラントがどれだけ重要なものかを知りましたが、“これ”という歯医者がなく、毎日悩んでいた時に、リーフという雑誌に載っていた小幡歯科クリニックさんに魅かれて、家から通うには遠いのですが、頑張って通院させて頂きました。院長先生とスタッフの方々の爽やかな対応と、院内に漂うグレープフルーツの香りや、心地の良い音楽がとても癒される雰囲気で、私にとっては重要なポイントなのでした。インプラントの手術は、初めての時は、正直緊張したのですが、恐怖心はなく、実際のところ、院長先生の手術は完璧でした。予想していた痛みもなく、素早く丁寧にムダもなく、大キライな金属音もなく、あっという間に終わりました。 終わった後も、すぐ普通に過ごせるので、すごいと思いました。そのお陰で、今は人前でもニッコリ笑える自信がつきました。美容外科で手早く治す方法もありますが、他の悪い歯の治療をしながら徹底的に美しく整えて頂けたのは、院長先生のゴッドハンドとスタッフの呼吸の良さだと思いました。途中でくじけて近い他院に浮気しかけた事もありますが、院長先生の腕を信じて本当に良かったと思いました。ちなみに私は歯医者さん大キライ人間ですが、率直に通えました。本当に色々ありがとうございました。

所在地
〒601-8327
京都市南区吉祥院御池町10-7 エル ア オバタ 2F
電話場号
0120-180-461(イーハワシロイ)
075-662-6464
診療時間
月曜〜土曜 9:30〜12:30/14:30〜20:00
※急患・新患/随時受付
休診日
日曜日・祝日
交 通
JR「西大路」駅から南へ徒歩約8分
HP
http://www.obata.or.jp
アクセスマップ