京都のインプラント治療に関する費用、期間、手術、専門医の情報をトータルに提供しています
インプラント治療の期間と費用の一例 PLAN&FEE OF IMPLANT
PLAN&FEE OF IMPLANT
インプラント治療の期間と費用の一例
京都インプラントステーションTOP≫インプラント治療の期間と費用の一例

専門医を選ぶポイント

Point 専門医を選ぶポイントとは

インプラント治療を受けるうえで重要な要素となるのがその治療費です。自由診療であるインプラントは医院によって治療費に差がありますが、治療費が安いからといって、それだけで医院を選択するのは考えものです。インプラントという「人工歯根」やセラミック等の「かぶせ物」を売っている訳ではありません。医院の選択、特にインプラントの場合は顎の骨の状況・噛み合わせの診断能力に始まり、外科技術から全身管理能力に至るまで全てにわたる技術が必要となります。そうした意味でも患者さん自身が積極的に情報収集し、キャリアのある専門医がいるインプラント医院を選ぶ必要があります。

Point 治療費の差はなぜあるのか

保険が適用されない自由診療の治療費は歯科医院によって異なります。インプラントもこの自由診療にあたるため、医院による治療費の差が生まれるのです。しかし、この治療費の差が、治療技術の差でないところがまたこの問題の難しいところ。治療方法にしても、医院によって検査内容や手術術式が異なります。より高度な知識を必要とするインプラントは、医師それぞれの経験や、熟練度、常に最新の知識を収集する努力によってその技術の差が現れるため、単に治療費の高い安いで選ぶのではなく、治療費に相当するだけの医療技術を提供してくれるかどうかの見極めが重要です。医院を選択する際には、複数の歯科医院で、自身の納得のいくまで話を聞いて比較することから始めましょう。

Point (社)日本口腔インプラント学会認証医・専門医について

比較するといってもなかなか難しいという方には、(社)日本口腔インプラント学会の専門医を探すという手もあります。「認定医・専門医」という名称は、メーカーや私的な機関が独自に設けた資格である場合もあり、その評価基準もまちまちですが、(社)日本口腔インプラント学会の「認証医・専門医」制度は、口腔インプラント学に関わる広い学識と高度な専門的技能を有する歯科医師の養成を 図り、口腔インプラント医療の発展と向上、並びに国民の福祉に貢献することを目的に厚生労働省の指導下で始められた制度です。「認証医」は、経験が少ない場合でも認証医審査を受ければ認定を受けることができますが、「専門医」の認定は、年間の症例数のチェックから学会出席回数、学会での発表回数、インプラント専門研修の義務をクリアしているかなどの厳しい審査、さらに口述試験と記述試験に合格してはじめて認められる信頼性の高い資格です。事実、(社)日本口腔インプラント学会の「専門医」は、学会に13,000人以上(H21.12月現在)所属する歯科医師の中でも、わずか600人ほどしか認められていないほど審査条件の厳しいものです。インプラントは専門知識と豊富な経験が重要な手術ですので、医院を選ぶ際には「日本口腔インプラント学会の専門医」であるかどうかを判断の参考とするのもよいでしょう。

Point ICOI(国際口腔インプラント学会)指導医、専門医について

ICOI(International Congress of Oral Implantlogists) とは、世界最大の国際インプラント学会であり、世界72ヶ国、20,000人以上のメンバーを持つ世界最大の国際インプラント学会です。ICOIの認定する指導医、専門医(Diplomate)の資格を取得するにも治療実績の審査や口頭試験等が課せられます。インプラント医を選ぶ際には、 ICOIの専門医であるかどうかも、ひとつの基準となるでしょう。

line
治療費用について 画像
治療費用について expenses
治療費用についての詳しい情報はこちらから。
治療費用についてのページへ

line

資料請求 個人情報保護方針 矯正ステーション 審美ステーション サイトマップ